ホーム > 交通事故でのむち打ち症について
交通事故でのむち打ち症について

交通事故でのむち打ち症について

交通事故による障害でもっとも多いのは「むち打ち症」です。

むち打ち症は、事故の衝撃で頸椎(首の骨)がずれるなどのダメージを受けた状態で、事故直後は特に何でもなくても、しばらくしてから首が回らなくなったり、手がしびれたり、あるいは頭痛がしてくるなど、さまざまな症状が出てきます。

むち打ち症を治すには、その症状の原因である頸椎のズレを修復する必要があります。そのための施術をもっとも得意とするのが、私たち接骨院なのです。
大きな病院では、検査後シップ薬などを出してはくれますが、患部に対する直接的な施術は行ってくれません。そのため、なかなか症状が改善されないケースもよくあります。

もし、不幸にも交通事故に遭ってしまい、体に不調が起きたときは、まずは当院にご相談ください。
また、交通事故後病院に通っているけれども、いまひとつ症状の改善が見られないという方も、ぜひ当院にご相談ください。
みずの接骨院では痛みやつらさの原因を突き止め、確実な施術で早期の回復に導いてまいります。

もしも交通事故に遭ってしまったら...

必ず警察に届け出をしましょう。

事故後の治療費を保険適用とするためには、事故証明書が必要です。事故に遭ってしまったとき、その場で相手と示談などせずに必ず警察に連絡をし、現場検証をしてもらうことです。また、相手の住所や電話番号、加害車両のナンバーなどを確認しておくことは言うまでもありません。

保険会社に連絡し、病院でレントゲンを撮るなど検査を受けましょう。

事故が小さなもので、そのときに体に異常がなくても、後日何か症状が出てくるかも知れません。むち打ち症はわずかな衝撃でも起こり得るからです。
保険会社には、病院での検査の後、みずの接骨院で治療を受けると報告しましょう。保険会社が病院等を指定してくることもありますが、治療を受ける医療機関は、患者さまが自由に選択できます。

事故の状況、病院での検査結果、現在の症状をお知らせください。

当院ではこうした情報をもとにケガの状態を詳細に評価し、患者さまにとって最善と思われる施術を行います。当院では手技を中心に、治療機器を用いた物理療法を併用しながら治療してまいります。

症状が改善したら治療完了。保険会社に連絡します。

痛みやつらい症状が改善し、日常生活に問題がなくなったら治療は終わりです。その時点で保険会社に治療終了を報告し、示談となります。交通事故の被害者の場合は、自賠責保険が適用されるため、治療費はかかりません。